CONISIS(コニシス) M04

CONISIS(コニシス) M04:Rock oN Line 店

幅広い選択

うまい 買い占め

random:name}

幅広い選択

経済

従来の

買い占め

幅広い選択

高飛車 幅広い選択

暑い



プロスタジオの音質と品質をポピュラリティーな価格でプライベートレコーディングに!M04は、「SMS8101」や「SMS2702」、そして「M03」で決定的になったコニシスの高音質モニターシステムの音質、品質、性能、その流れを正統に受け継いだモニターシステムです。大きさも価格もスリムになった「M04」はホーム・レコーディングのクォリティーとコストパフォーマンスにおいて、驚きの変革をもたらスーパーアイテムです。

入力については3系統の選択が可能で、複数のボタンを同時に選択する事により、例えば「a」、 「b」、 「c」に入力したものを同時に出力する事も可能です。出力については2系統のモニター出力の選択が可能です。「a」はバランスアウト、「b」はアンバランスアウトとなっており、例えば「a」はパワードスピーカー、「b」はラジカセといった接続に便利です。また、モニター出力とは別に、選択した入力とトークバックをブースに送る「studio send」(ステレオ1系統)があり、ブースのキューボックスやブースのスピーカーに接続します。sourceトリムにて、選択した入力をブースへ送るレベルを調整でき、 talkbackトリムにて、ブースへ送るトークバックのレベルを調整できます。

モニターコントロール部では、「dim」でメインボリュームのレベルから、levelトリムで設定したレベル(-6dB~-20dB)に、モニターの音量を下げます。もちろんトークバックスイッチを押した時にはDim機能が働きます。またレベル可変(-6dB~-20dB)もできます。「mute」はメインボリュームを下げずにモニターの音量をミュート(カット)してくれます。「mono」はステレオ・ソースをモノラルで出力する事ができます。さらに、リアパネルのEx.tb.sw(エキスターナル・トークバック・スイッチ)コネクタに接続すると、外部トークバックボックスを使用する事もできます。

◆製品仕様

・入力数3系統(ステレオ) * 同時複数選択可能
・入力端子TRSフォン(バランス ):2系統 RCA ピン(アンバランス):1系統
・入力レベル基準:+4dBu 最大:+27dBu(バランス) 最大:+18dBu(アンバランス)
・入力レベル可変範囲バランス1系統:-12dB~0dB アンバランス1系統:+6dB~+20dB
・入力インピーダンス20K(バランス)、48K(アンバランス)
・出力数 2系統(ステレオ)*切り替え
・モニター出力端子  TRSフォン(バランス):1系統 RCAピン(アンバランス):1系統
・出力レベル基準:+4dBu 最大:+27dBu(バランス) 最大:+21dBu(アンバランス)
・モニター出力可変範囲 バランス1系統:-6dB~+6dB アンバランス1系統:-6dB~+6dB
・出力インピーダンス1k以上(バランス)、1k以上(アンバランス) *推奨インピーダンス10k以上
・周波数特性5Hz-100KHz
・外形寸法(突起部を除く)350W×181D×66H
・重量1.7kg
・電源AC100/117V 50/60Hz
・消費電力10W

Copyright ® 2010 - LAMY HOTEL

96A/4 Tran Phu - Nha trang - Viet nam